ついに3Dプリンターの自販機が登場か!?


3Dプリンターが一家に一台になると言われていますが、家庭によっては3Dプリンターを使う頻度が少なく、なかなか購入まで至らない事もあるかと思います。

そんな方に朗報です!アメリカ・カリフォルニア大学出身の学生たちが誰でも手軽に3Dプリントできるように、3Dプリンターの自販機「Dreambox」を開発しています。

使い方は簡単で、欲しいもののデータをパソコンからアップロードするかオンライン上で選択し、印刷ボタンを押すだけです。

その後、近くのDreamboxに取りに行けば、備え付けのロッカーにできあがった品物が保管されてます。また、USBメモリーにも対応させて、その場でのプリンティングも出来るようにするようです。

近未来では、素材だけ持ってスーパーに行き、ほしいもののデータだけ購入し、スーパー備え付けの3Dプリント自販機で出力する。なんて事になってるかもしれませんね~。

3Dプリンターの自販機「Dreambox」
公式サイトはこちら