廃棄するプラスチック製品から3Dプリンター用の素材が作れる『Filabot』


Filabot」は自宅などがからでるプラスチック製品からリサイクルして3Dプリンター用の素材(フィラメント)を作ることができる。
こちらでプレオーダーを受け付けており、価格は649ドル(65000円ほど)、注文から8週間待ちのようです。また、購入後には組み立てが必要です。
現在、ABS樹脂フィラメントを普通に購入すると1kg3000~4000円ほどの価格なので、Filabotを使えば格段に安くなる。この装置の仕組みはこんな感じです。

 



プラスチックボトルや包装、洗剤などの容器、CDやDVDなどからフィラメントを作り出すことができ、現実的に廃棄物が足りないという事もなさそうです。
また、3Dプリンターで出力に失敗したものでもFilabotのおかげで再度やり直す事が可能になるので、素材を無駄にする事が無くなりますね。

先日、Windows8.1が3Dプリンターに対応すると発表した事や3Dプリンター本体の価格がどんどん安くなっている事、そして今回のFilabotのおかげで3Dプリントというものが非常に身近になってきました。


購入ページはこちら