約5万円の光造形式3Dプリンター「LittleDLPer」が登場!


現在、低価格帯3Dプリンターの中では主流となっている積層式、こちらは安ければ5万円以下でも購入する事ができます。ただ、熱で溶かして積み上げていく方式の為、どうしても繋ぎ目が残ってしまい、粗い仕上がりになってしまいます。(出力後に研磨などをすれば綺麗に整える事は可能です。)

それに対して、光造形式の3Dプリンターは液体の樹脂をレーザー光線で固める為、繋ぎ目ができずに綺麗な造形物を作る事が可能です。

今回の「LittleDLPer」も光造形式の3Dプリンターで、光造形式3Dプリンターはこれまで一番安くても20万円前後の「Titan1」でした。「LittleDLPer」は組み立て式であれば約5万円、完成品で約10万円という価格設定になっています。

 

約5万円の光造形式3Dプリンター「LittleDLPer」が登場!

 

この価格帯で光造形式の3Dプリンターが登場してしまうと積層式の3Dプリンターの立場が無いですね。

ただ、積層式の方が、扱いが簡単だったり、素材が豊富だったりして初心者には優しいかもしれません。

 

約5万円の光造形式3Dプリンター「LittleDLPer」が登場!

 

「LittleDLPer」はKickstarterでのキャンペーンも予定しており、どのような結果となるのか非常に楽しみです。

 

約5万円の光造形式3Dプリンター「LittleDLPer」が登場!

 

約5万円の光造形式3Dプリンター「LittleDLPer」が登場!

 

約5万円の光造形式3Dプリンター「LittleDLPer」が登場!

公式ページはこちら