3Dプリンター用の藁製格安フィラメントが登場!


3Dプリンターで素材となるフィラメントに藁製の格安フィラメントが登場しました。

中国の企業「Jiangsu Jinghe Hi-Tech Co.」が開発したこのフィラメントは非常に安く、現在、3000円~5000円前後のフィラメントが1000円前後に下がる可能性があるとの事です。まだ、正式な販売価格は発表されていませんが、確実にランニングコストを安く抑えられそうです。

 

3Dプリンター用の藁製格安フィラメントが登場!

 

この格安フィラメントは藁とプラスチックでできており、溶解温度も170℃と登場のフィラメントよりも少し低い温度で溶けます。

なので、3Dプリンター側の調整も必要になるのかもしれません。色は藁の色が出ており、茶色ですが、質感は滑らかでクリーンに仕上がっているとの事です。

 

3Dプリンター用の藁製格安フィラメントが登場!

 

まだ、販売はされておりませんが、今後、大量生産し、販売を開始していく予定です。