三菱みなとみらい技術館が3Dプリンターを導入!宇宙船の設計を体験できる!


横浜のみなとみらいにある「三菱みなとみらい技術館」が3Dプリンターを導入し、キーエンスと共同で体験型サービスを2月23日(日)より提供開始します。「三菱みなとみらい技術館」の中にある体験型のコーナー「トライアルスクエア」では月面資源採掘船(宇宙船)の開発を体験できる「スペース・プロジェクト」というサービスが開始されます。

この体験プログラムでは、「2020年に月で夢の鉱物が発見された」という設定で、その鉱物を採掘する為の月面資源採掘船「ドデカトロン」を、参加者が設計するものです。

 

三菱みなとみらい技術館が3Dプリンターを導入!

 

12人で参加する「ミッション・ラボ」と一人で参加する「カスタム・ラボ」が用意されており、ミッション・ラボでは、未来の設計デバイス「GA-BAN(ガバン)」を使って、12人がそれぞれエンジンやコックピット、採掘ローラーなどのパーツを設計し、みんなで1台の採掘船を作り上げていきます。最後に参加証として、3Dプリンターで出力したドデカトロンがもらえます。参加料は一人500円です。

一方、カスタム・ラボでは、専用タブレット端末を使って、ドデカトロンの12個のパーツをすべて1人で設計することができます。完成した採掘船は、3Dプリンタで出力され、後日参加者に郵送されます。1日に36人体験可能とのことです。参加料は2,500円です。

 

三菱みなとみらい技術館が3Dプリンターを導入!

公式サイトはこちら