マウスのドラック&ドロップで簡単に3Dデータを作るソフト「Relief to 3DPrinter」


3Dプリンターの低価格化が進み、3Dプリンターを入手しやすくなってきましたが、その後、重要になるのが3Dデータです。今回、ご紹介するのは、マウスのドラック&ドロップで簡単に3Dデータが作れる「Relief to 3DPrinter」です。

Mac専用のアプリになります。まず始めに基本となる画像をマウスで手書きするか、外部から画像を読み込ませます。すると立体的な画像を自動で生成してくれるので、あとは大きさを変更したり微調整した上で3Dデータとして出力するだけです。

 

 

マウスのドラック&ドロップで簡単に3Dデータを作るソフト「Relief to 3DPrinter」

 

マウスのドラック&ドロップで簡単に3Dデータを作るソフト「Relief to 3DPrinter」

 

まずは好きなデータを出力するのではなく、こういったソフトを使って簡単なものから出力していき、成功体験を積む事が大事なのかもしれませんね。

今後、3Dプリンターが普及する為には現在、インターネット上にある無料の3Dデータの品質が上がっていく事が非常に重要な事だと思います。

 

マウスのドラック&ドロップで簡単に3Dデータを作るソフト「Relief to 3DPrinter」

 

公式サイトはこちら
ダウンロードはこちらから