低価格なオープンソースの3Dプリンター「PRN3D」発売開始!


RepRapプロジェクトのオープンソースを利用し、低価格化を実現した国産3Dプリンター「PRN3D」が発売開始されました。価格は組み立てが必要なキットで49800円、完成品で59800円です。

RepRapのオープンソースを使った3Dプリンターとしてもリーズナブルな価格設定だと思います。

 

 

製品仕様:

主な仕様
造形サイズ W17 x D17 x H16(cm)
フィラメント 1.75mm PLA , ABS
最小積層ピッチ 0.05mm (50μm)
ノズル系 0.4mm
ヒーテッドベッド 標準装備
インターフェース RepRap gen6準拠
電源 DC12V / 96W
本体大きさ W42 x D25 x H32(cm)

 

【特徴】
・Direct EXTRUDER
モーター軸直結の送り出しギアを採用。減速ギアによるバックラッシュが無く高いレスポンスと精度でフィラメントを操作します。クイックリリース&アジャスト機構でフィラメントの扱いはとても簡単になりました。

 
・HOTEND
エクストルーダー直下に最小距離で設置。長さわずか26mmのバレルはフィラメントのレスポンス遅延を極小にします。

 
・HEATED BED
熱変形を抑える高い剛性のヒーテッドベッド。一般的な厚さにくらべ2倍の3.2mmとすることで高い剛性を確保しています。

 
・ADJUSTER
造形面の水平調整に便利なアジャスト機構を採用。フロート機構はノズルの衝突も緩衝します。

 
・LIMIT SWTCH
ONでLEDが点灯。安全装置も兼ねる重要なリミットスイッチの動作を目視で確認できます。また、位置調整もしやすくします。

 

 

洗練されたオシャレなデザインではないですが、無骨で男らしいデザインでこれはこれでいいのではないでしょうか。

低価格なオープンソースの3Dプリンター「PRN3D」発売開始!

低価格なオープンソースの3Dプリンター「PRN3D」発売開始!

低価格なオープンソースの3Dプリンター「PRN3D」発売開始!

購入はこちらから