個人向け3Dプリンターの大本命『Zim』登場!


3Dプリンターは購入後、組み立てや調整が必要なものが多く、一般の方にとって手軽ではないモノが多いですよね。

Zim」は購入後に箱から出したら直ぐに使える3Dプリンターを目指して作られており、一般の方々でも紙媒体のプリンターと同じ感覚で簡単に利用ができます。

 

3Dプリントするまでの手順はZimをインターネットに接続し、3Dモデルをダウンロードする。その後、Zimのアプリケーションから3Dプリントするだけで簡単に出力ができてしまいます。

また、Zimにはカメラが備わっており、3Dプリントの状況を外出先などからスマートフォンで見ることができます。

 

個人向け3Dプリンターの大本命『Zim』

 

現在、Kickstarterにて資金調達中ですが、発売は2014年3月を予定しています。発売価格は899ドル(約9万円)ほどだと予想されています。

2色プリントができたり、水溶性のPVA素材を使えば200ミクロンのプリント精度になり、プリントの最大速度は110 mm/sと、性能としても個人向けであれば申し分ないのではないでしょうか。

 

 

 

公式ページはこちら