ヤフーが3Dプリンター業界へ進出!


ヤフージャパンが検索したワードを3Dプリンターで出力できる「さわれる検索」を発表しました。検索したワードで、インターネット上から3Dデータを探し出し、3Dプリントしてくる装置です。

ヤフーの「さわれる検索」

例えば「きりん」という音声を機械に吹き込むと、15分ほどで手のひらに乗るサイズの「きりん」が出来上がります。

ただ現時点では、この機械で活用できる3Dのデータは、インターネット上に100点ほどしかないということで、都内の特別支援学校に機械を設置して、視覚に障害がある子どもたちが、どのようなモノを検索し、さわりたいのかなどを調べたうえで、このリストを専用のサイトに掲載し、3Dデータを扱っているエンジニアや企業に、提供してくれるよう広く呼びかけることにしています。(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130917/k10014604711000.html)

ヤフーの「さわれる検索」

試作機を使ったプロジェクトとして、筑波大学附属視覚特別支援学校(盲学校)への導入するようです。

9月4日にテスト導入として特別授業を実施し、9月13日まで学校内に試験的に「さわれる検索」の装置を設置、さらに9月20日~10月18日の約1カ月間を本格導入として、盲学校の生徒に自由に体験してもらうとのことです。

盲学校への導入プロジェクトでは特設サイトも設置し、一般の方からの3Dデータも募集するとのことです。

プロジェクトには、企業も「3Dデータの協賛」という形で参加しており、9月17日現在では株式会社アマナイメージズ、日産自動車株式会社、東武タワースカイツリー株式会社の3社が参加しています。

画期的な新技術とかではないですが、ヤフーというインターネット会社大手が3Dプリンター業界に進出した事に業界のへ期待や希望が現れている気がします。

検索という手段で、情報を「見る」、音楽を「聞く」、モノを「さわる」という事が可能になれば素晴らしいですね。

ヤフーの「さわれる検索」