1万円以下で自宅で手軽に3Dスキャンする方法


3Dスキャンというと難しいイメージがありますが、最近ではKinectを利用した安価な3Dスキャンの方法が出始めています。今回は「David」というソフトを利用してもっと手軽にできる3Dスキャンの方法をご紹介します。

3Dスキャンには以下のものが必要になります。
・カメラ (ウェブカメラ等)
・ハンドヘルドのラインレーザー
・カメラの後方に設置する2枚のボード(パネル)
・ウィンドウズ PC
・David Laser Scanner用ソフトウエア

ラインレーザーは安いものであれば1万円以下で購入できます。
また、カメラの後方に設置する2枚のボードとDavid Laser Scanner用ソフトウエアはこちらのサイトから無料ダウンロードできます。

スキャニングの背景を作成します。黒い点のフォーマットはテンプレートをダウンロードできます。
1万円以下で3Dスキャンする方法

カメラの測定・キャリブレーションを行います。
1万円以下で3Dスキャンする方法

3Dスキャニングを開始します。
1万円以下で3Dスキャンする方法

1万円以下で3Dスキャンする方法

1万円以下で3Dスキャンする方法

3Dデータが作成されます。データは加工する事もできます。
1万円以下で3Dスキャンする方法

詳しいマニュアルはこちらからご覧ください。
自宅にあるものを活用して、3Dスキャニングを手軽に始められる時代になりましたね。

公式サイトはこちら
公式サイト(日本語)はこちら