『「第3の産業革命」を起こす3Dプリンターの衝撃』が六本木で開催


2013年10月1日(火)に六本木の国際文化会館にて『「第3の産業革命」を起こす3Dプリンターの衝撃』が開催される。

産業界に3Dプリンターを導入する事で、ものづくりの効率化、プロトタイプやモックアップ製作の迅速化、低コスト化などが大幅に進む事、また、その先にある3Dプリンターの未来などが題材になっている。

アメリカのテックショップCEOマーク・ハッチ氏が講演を行い、同社の事業戦略を照らし合わせて、3Dプリンター革命についてプレゼンテーションが行われます。

「第3の産業革命」を起こす3Dプリンターの衝撃

こちらの講演会は費用が12000円です。9月16日までは早期割引で10000円との事です。
定員が100名なので気になる方はお早めに。