「本物の銃」を3Dプリンターで製造したら、日本の法律で罰則されるのか?


3Dプリンターの技術は急速に進化を遂げ、低価格化に至り、
一家に一台という日がやってくるのも、そう遠い未来の話ではなくなってきました。
しかし、新技術にはやはりリスクは付き物。
3Dプリンターで「本物の銃」が作れる?

アメリカで独自に銃の開発を進める集団が、3Dプリンターで発砲可能な銃を製造し、
インターネット上でそのデータを公開したといいます。

日本からも数万件のダウンロードがあったといいます。
家庭用3Dプリンターで製造可能なこの銃を、
日本製造した場合、犯罪にあたるのでしょうか?
弁護士が見解を述べています。


弁護士の見解はこちら