3Dデータを送れば製造・販売してくれるサービス『rinkak』!


株式会社カブクは6月19日、3Dものづくりマーケット「rinkak(リンカク)」を提供すると発表。同日よりクローズドベータ版サービスの事前登録を受付中。



rinkakは、企業やプロダクトデザイナー、プログラマーなどを問わず、3Dデータを制作、保有するユーザーがサイト上にショップを作り、そのデータをもとにした製品を販売できる、CtoCマーケットプレイス。

素材はプラスチックから陶器や金属など、多彩な素材に対応する。また、製品の製造や配送は、カブクが提携する運送会社が担当するため、ショップを作ったユーザーは製造設備なしに製品を販売できるという。

サービス開始後は、利益の3割程度をカブクの手数料とする予定。