3Dプリンターの未来とその先


最近3Dプリンターが連日ニュースで取り上げられるようになってきました。ただ、本当の意味での一般の方への普及には様々な課題がまだまだあると思います。

3Dプリンターがある未来の世界とはどんなものなのか?

モノが壊れたら買うのではなく、データを持ってお店に行って作ってもらう。その先の未来には新素材で壊れないモノを作ってもらう。そんな世の中になるのかもしれません。

3Dプリントというものが一つのサービスとして成立し、コンビニのような存在になるのか、一昔前の写真屋さんのような存在になるのか、それとも自宅にみんな3Dプリンターを持っていて素材とデータだけ買いに行くのか。

まだまだこれからの市場ですが、社会の為に貢献していく市場になっていけばと思います。

3Dプリンターの未来