国をあげて国産3Dプリンターの開発支援へ


経済産業省が来年度予算案に45億円を盛り込み、1億円する産業用の3Dプリンターを5年間で半分の5000万円まで引き下げる事が目的のようです。
開発プロジェクトには産業界から様々な分野のメーカー(機械メーカー、金属材料メーカー、自動車メーカー)が参加し、プロジェクトを推進していく予定です。

この分野ではアメリカやドイツに遅れをとっている事もあり、日本も国として力をいれていくみたいですね。
3Dプリンター元年といわれている今年、来年の市場を相乗効果で後押ししてくれるプロジェクトになるように願ってます!