太陽の力で3Dプリントする太陽光発電3Dプリンタープロジェクト!


今回ご紹介する太陽光発電3Dプリンターは製品ではなく、芸術家のMarkus Kayserさんが取り組んでいるプロジェクトです。

この「Solar Sinter」プロジェクトは非常に面白くて、勿論世界で初めての取り組みだと思います。太陽の熱を集め、砂を溶かし造形していきます。勿論、3Dプリンター自体の動作も太陽光発電・ソーラーシステムを使って動かしています。

 

 

面白い取り組みですよね。太陽の熱で砂を溶かすのですが、砂が溶ける温度が1700℃~2000℃は必要なので、従来の3Dプリンターと比べれば超高温となり、素材には砂以外にも特殊なものが使えるかもしれませんね。

 

太陽の力で3Dプリントする太陽光発電3Dプリンタープロジェクト!

 

また造形物についても想像以上に綺麗にできています。砂なので解像度は粗いですが、そこがまた雰囲気でてます。

 

太陽の力で3Dプリントする太陽光発電3Dプリンタープロジェクト!

太陽の力で3Dプリントする太陽光発電3Dプリンタープロジェクト!

公式ページはこちら