持ち運びに便利!アタッシュケース型3Dプリンター「TOME」


ポータブル3Dプリンターは既に多くの製品が登場しています。

3Dプリントペンを除けば恐らく世界最小と思われる「LumiFold」、国内でも購入可能な「Portabee GO」、Kickstarterにて1億円以上の調達に成功した「The Micro」などそれぞれ特徴がありますが、今回ご紹介する「TOME」は折りたたみ式で折り畳めばアタッシュケースとなる便利さが特徴です。

 

持ち運びに便利!アタッシュケース型3Dプリンター「TOME」

 

ポータブル性を重視すると失われがちな最大造形サイズは127×127×127mmと大きめで、持ち運ぶ際の折り畳み時のサイズは102×203×279mmとなっています。

また、電源についてはバッテリが使用でき、標準のバッテリで4時間、拡張バッテリを使って6時間ほど駆動可能になっています。フィラメントはPLAのみの対応となっています。

この「TOME」は現在はまだ販売されておらず、開発段階です。販売予定価格は1500ドル前後を予定しているとの事です。

 

持ち運びに便利!アタッシュケース型3Dプリンター「TOME」

 

家庭用と考えれば収納時にアタッシュケースになるのは、収納も便利ですし、トラブル防止にもつながりそうでいいですね!

公式ページはこちら