Autodeskがオリジナルの3Dプリンターと3Dプリント用プラットフォーム「Spark」を発表!


Autodeskがオリジナルの3Dプリンターと3Dプリント用のプラットフォーム「Spark」を発表しました。

Autodeskといえば3Dモデリングソフトなどを中心に手がける会社ですが、今回の発表で3Dプリンター本体とPC上のプラットフォームといった3Dプリントを行う上でのトータルサポートを行うようになります。

 

Autodeskがオリジナルの3Dプリンターと3Dプリント用プラットフォーム「Spark」を発表

 

3Dプリンター本体については販売価格が5000ドル前後(約50万円)を予定しているそうで、現在、数多くある家庭向け3Dプリンターと比べると非常に高価ですね。

プリント方式も液体を固めていくSLA方式となっています。ですので、出力したものの精度は高いのではないかと思います。

 

Autodeskがオリジナルの3Dプリンターと3Dプリント用プラットフォーム「Spark」を発表

 

また、3Dプリント用のプラットフォーム「Spark」は、オープンソースで公開する予定で、3Dデータを3Dプリンターに効率的に転送する方法を提供していくとの事です。

また、Autodeskの3Dプリンター以外でも対応するようにプラットフォームを実装していくそうです。

 

Autodeskがオリジナルの3Dプリンターと3Dプリント用プラットフォーム「Spark」を発表

 

年内には共にリリースする予定。無料・オープンソースの流れを作る事で3Dプリントの普及と発展を促進させる狙いがあります。

公式サイトはこちら