3Dプリンターで作った血液をリサイクルするマシン「Hemosep」


イギリスの「Brightwake」が3Dプリンターを使って部品を作った血液をリサイクルするマシン「Hemosep」を発表しました。まだ試作品の段階のようですが、3Dプリンターを使う事で正確な部品の作成とコストの削減を実現しているとの事です。

 

 

3Dプリンターで作った血液をリサイクルするマシン「Hemosep」

 

このマシンは手術中など輸血が必要な状況下で自分の血液をリサイクルする為の機械で、他の人からの輸血を行うものでは無いようです。

なお、このマシンの製造にはストラタシス社の「Dimension 1200es」が使われています。

 

3Dプリンターで作った血液をリサイクルするマシン「Hemosep」

3Dプリンターで作った血液をリサイクルするマシン「Hemosep」

公式サイトはこちら