スマートフォンで操作する未来型玩具が3Dプリントでスピードアップ


1万円前後で購入できる未来型の玩具「sphero」。

今までは球体の「sphero」をスマートフォンから操作し、遊ぶかたちでしたが、3Dプリンターで作ったタイヤを装着する事で従来の球体の「sphero」よりも安定し、スピードを出す事ができるようになり、ジャンプ台からもより高く飛べるようになったとの事です。

とにかく動画を見ていただいた方が早いと思います。球体のものが従来の「sphero」でタイヤのようなものが装着され円柱形のものが新型の「Ollie」になります。

 

 

スマートフォンで操作するラジコンボールが3Dプリントでスピードアップ

 

ちなみに「sphero」はコントローラーにもなり、スマートフォン用のゲームをする事もできます。

 

今後はセルフカメラ機能もつけて空中も飛ぶようにしていくようです。

 

スマートフォンで操作するラジコンボールが3Dプリントでスピードアップ

公式サイトはこちら
ご購入はこちらから