3Dプリンター用のデータをスケッチで作成できる「GravitySketch」


GravitySketch」はスケッチパッド、ペン、3D拡張メガネが付属しており、それらを使い立体物のスケッチができるようになっています。

作ったデータから3Dプリンターを使って出力する事もでき、デザイナーでも簡単にモノ作りが出来てしまいます。

 

 

現在、3Dプリンター用のデータを作るには3Dソフトでデータ作成するか、3Dスキャナーを使うかといったところですが、これで手書きするという選択肢が増えました。

「GravitySketch」で手書きした3Dデータを3Dソフトで取り込み、修正して出力するなんて事もできるようになるかもしれません。

 

 

3Dプリンター用のデータをスケッチで作成できる「GravitySketch」

 

公式サイトはこちら