3Dプリンターの造形速度を数百倍に高速化する技術を開発!!


アメリカのオークリッジ国立研究所で3Dプリンターの造形速度を数百倍に高速化する研究が開始されました。

研究には民間会社であるCincinnatiも一緒に取り組み、研究の目標としては従来の3Dプリンターと比べて200~500倍の造形速度を実現し、造形サイズも1M四方以上のサイズを出力するとしています。

 

3Dプリンターの造形速度を数百倍に高速化する技術を開発!

 

この技術が確立されれば、まさに産業革命が起きるかもしれません。産業用の3Dプリンターは勿論ですが、フード3Dプリンターや衣類用の3Dプリンターなどでも活用されれば自分たちの生活がすっかり様変わりするかもしれませんね。

また、モノの物価が下がると同時に雇用が失われる事も想定でき、技術発展に伴う、社会インフラやライフスタイルにも影響がでるかもしれません。

 

3Dプリンターの造形速度を数百倍に高速化する技術を開発!

オークリッジ国立研究所の公式サイトはこちら
Cincinnatiの公式サイトはこちら