2030年には50%以上の家庭が3Dプリンターを導入!市場規模も700億ドルへ!


調査会社がートナーの予測では2030年には全家庭の50%以上に3Dプリンターが導入され、市場規模も700億ドルに成長するという予測を発表しました。

特に2010年代後半からは一般消費者層への3Dプリンター普及が爆発的に伸びるとしています。

既に各社が様々な市場予測を発表していますが、今はまだ家庭用3Dプリンターが普及するイメージが付かないのが現状です。価格はどんどん下がっている状況ですが、今後性能の向上、特に造形スピードと造形精度ですかね。

あとは、用途です。3Dプリンターを生活のどこに役立てるか、ここが明確になると爆発的な普及に繋がるのではないかと思います。

工業用としては、製造や医療などの分野で期待されていますが、家庭用としては衣類や家具、食品などでコストパフォーマンスの高い3Dプリンターが登場すると普及が加速するかもしれません。

 

2030年には50%以上の家庭が3Dプリンターを導入!市場規模も700億ドルへ!

 

2030年には50%以上の家庭が3Dプリンターを導入!市場規模も700億ドルへ!

 

ガートナーでは前回に発表した市場予測で、2013年度は前年比の2倍近い9万8065台に到達するとしています。まずはこの予測を上回る結果になるのか、注目したいと思います。

 

2030年には50%以上の家庭が3Dプリンターを導入!市場規模も700億ドルへ!