特許切れで3Dプリンターの低価格がますます進み、いよいよ革命が起きる!?


2014年2月に3Dプリンターに用いられる技術のレーザー焼結が特許切れになります。現在、家庭用・個人向けとして販売されている3Dプリンターのほとんどは熱溶解積層法(FDM)と呼ばれる形式で素材を溶かして積み重ねていき造形します。

今回、特許切れをおこすレーザー焼結は粉末焼結積層造形(SLS)と呼ばれ、従来のものより、かなり精度の高いものを造形する事ができます。その精度の高い3Dプリンターが、特許が切れる事で、確実に低価格化が進みます。

特許切れで3Dプリンターの低価格がますます進み、いよいよ革命が起きる!?

ちなみに現在、主流の熱溶解積層法(FDM)についても2009年に特許が切れ、低価格化が進み、ここまで認知されるようになりました。まさしく同じ現象がこの先、1~2年で起きると思います。

 

特許切れで3Dプリンターの低価格がますます進み、いよいよ革命が起きる!?

 

今年中には10万円以下のレーザー焼結3Dプリンターが登場するかもしれません。造形物の精度が非常に高いので、本来、3Dプリンターに期待していたイメージにまた一歩近づきます!

特許検索はこちら