古代の鏡、「卑弥呼の鏡」を3Dプリンターで復元!!


京都国立博物館が、邪馬台国・卑弥呼の時代の鏡「卑弥呼の鏡」を3Dプリンターで復元し、反射した光の中に鏡面には存在しない模様が映し出される事を発表しました。所謂、魔鏡と呼ばれるものになります。元々の「卑弥呼の鏡」は青銅で出来ており、鏡としてどのように使うのか想像出来ないものでしたが、今回復元した事で、鏡として使われていた事が改めて認識できました。

 

古代の鏡、「卑弥呼の鏡」を3Dプリンターで復元!

 

 

古代の鏡、「卑弥呼の鏡」を3Dプリンターで復元!

 

海外では既に遺跡や化石、美術品などを復元していますが、国内でも今回のニュースをきっかけに事例が増えていくのではないかと思います。歴史的文化財を復元するには3Dプリンターは非常に適しており、今後も幅広く活用されていくのではないでしょうか。

「卑弥呼の鏡」の解説はこちら
京都国立博物館はこちら