520ドルという低価格で話題となった個人向け高性能3Dプリンター「RoBo 3D」が国内で販売開始!!


ゲッコー・アンド・カンパニーがまたまた新しい3Dプリンターの予約販売を開始しました。以前、Kickstarterで520ドル(約52000円)という低価格で話題となった「RoBo 3D」です。Kickstarterに出したときは「Replicator2」との性能比較をし、負けず劣らずの性能でも注目されました。

価格は2014年1月9日(木)までに予約すれば、PLAモデルが69800円(税送料込)、ABS+PLAモデルが79800円(税送料込)となっています。購入した場合は何かあればゲッコー・アンド・カンパニーでサポートをしてくれるので、英語が苦手な方などはいいかもしれませんね。先日の「Mini Metal Maker」同様、1月9日以降は値上げを予定しているようです。なお、出荷予定は2014年3月末を予定しているとの事です。

 

520ドルという低価格で話題となった高性能3Dプリンター「RoBo 3D」

520ドルという低価格で話題となった高性能3Dプリンター「RoBo 3D」

 

「RoBo 3D」の製品仕様は下記のとおりです。

本体サイズ
カバーあり 38.1 × 55.88 × 46.35 cm
カバーなし 38.1 × 43.18 × 46.35 cm
本体重量 11.65 kg
梱包総重量 22.22 kg
動作領域 奥行き26インチ(本体サイズを超えて作業台が動作)
最大造形サイズ 254 × 228.6 × 203.2mm – 720立法インチ
対応フィラメント 直径1.75mm、ABS、PLA(PLAモデルはPLAのみ)
解像度 100ミクロン
OS/デバイス対応 Windows/Mac
ソフトウェア Slic3r無償ダウンロード提供
保証 1年保証(無償で初期不良交換、無償修理対応。往復送料も無料)、1年経過後は有償実費にて対応。

公式サイトはこちら
ご購入はこちらから