人の皮膚を3Dプリンターで印刷する事に成功!!近い将来には「カスタムスキン」も!


以前から医療分野でも3Dプリンターは活用されていますが、今回イギリスのリバプール大学が人間の皮膚を3Dプリントすることに成功しました。

既に実験的に患者の為に提供されているようですが、まだ一般普及までの基準は満たしていない状況です。具体的な事は記載されていないのですが、どうやら皮膚の伸縮や歪みの性能が基準を満たしていないようです。

ちなみに方法としては患者の皮膚を3Dスキャンしてプリントするようです。

 

金属を出力できる3Dプリンター「Mini Metal Maker」

 

この研究チームは、最終目標として患者の性別、民族、年齢が一致する「カスタムスキン」を医師が作れるようになり、また、その3Dスキャンしたデータをデータベースに蓄積して「スキンバンク」として稼動させる事です。

少なくとも現時点で開発期間は3年はかかるとの事です。なお、本研究は医療団体や研究機関によって資金提供を受けて研究を進めているようです。

人類には様々な人種、性別、身長や体重の人がいますが、出来る限り全ての人に合致する人工の皮膚を3Dプリンターで作るという事ですね。凄い研究ですね。データ量も莫大なサイズですね。

是非とも研究が進展していってほしいと思います!

ちなみに同様の研究はドイツなどでも行われています。日本も遅れをとってられないですね!

 

金属を出力できる3Dプリンター「Mini Metal Maker」

 

3Dプリンターの登場で最先端の医療技術が確実に進化していってますね。

他の業界でもどのように3Dプリンターを使って技術発展を遂げるか、今後期待していきたいと思います。