金属を出力できる3Dプリンター「Mini Metal Maker」が国内で販売開始!!


以前、当サイトでもご紹介した金属を出力できる3Dプリンター「Mini Metal Maker」が国内で販売開始されました。販売元は非常に低価格な3Dプリンター「Buccaneer(バッカニア)」などを取り扱っている株式会社ゲッコー・アンド・カンパニーになります。

 

金属を出力できる3Dプリンター「Mini Metal Maker」

 

価格はアメリカで1000ドルでの販売のところ、12月31日(火)までに予約すれば組立キット価格が99,800円(税送料込)、完成品価格が149,800円(税送料込)となっています。なお来年1月1日以降は値上げする予定との事です。出荷については2014年10月以降を予定しており、手元に届くのは少し先になりますね。

 

金属を出力できる3Dプリンター「Mini Metal Maker」

 

金属を出力できる3Dプリンター「Mini Metal Maker」

 

金属を出力できる3Dプリンター「Mini Metal Maker」

 

「Mini Metal Maker」の製品仕様は下記のとおりです。

搭載システムボード Arduino Duo
ファームウェア Sprinter基盤
最大造形サイズ 6 × 6 × 6 cm
造形解像度 最高 1600 steps/mm
造形材料 貴金属粘土(金、銀、銅、鉄、スチール、真鍮など市販されている汎用貴金属粘土が利用可能)
本体サイズ 41 × 18 × 30 cm
外部接続 USB
外部メディア対応 SDカードスロット(メディアからデータ直接読込)
OS/デバイス対応 Windows/Mac
付属品 ドライバー、ソフトウェア収録CD
保証 1年保証(無償で初期不良交換、無償修理対応。往復送料も無料)、1年経過後は有償実費にて対応。

 

公式サイトはこちら
ご購入はこちらから