3Dプリンターペン「3Dsimo」がデザインを一新し、indiegogoで8500円で販売!!


以前、ご紹介したペン型のポータブル3Dプリンター「3Dsimo」がデザインを一新して、クラウドファンディング「indiegogo」にて資金を調達中です。販売価格は85ドル(約8500円)と非常に安いです。

 

3Dプリンターペン「3Dsimo」がデザインを一新

 

以前にも資金調達を行った「3Dsimo」ですが、その際は目標金額20000ドル(約200万円)に対して、集まった金額が6331ドル(約63万円)と未達成に終わってしまいました。

競合商品である「3Doodler」は「Kickstarter」にて目標金額30000ドル(300万円)で234万ドル(約2億3千万円)を調達し、大成功に終わった事を考えると妥当な目標額ではあったのですが。。。

今回の募集プロジェクトではデザインを変更し、新たに目標金額を1000ドル(約10万円)に設定しています。目標達成を優先しているようですね。

 

 

3Dプリンターペン「3Dsimo」がデザインを一新

 

3Dプリンターペン「3Dsimo」がデザインを一新

 

それにしても何故、「3Dsimo」と「3Doodler」にこれほどまでに差がでてしまったのでしょうか?両製品を比べると金額に関しては大きな差はありません。

「3Dsimo」が85ドル(約8500円)で販売しているのに対して、既に販売開始している「3Doodler」に関してはプロジェクト当時と比べて値上げして、99ドル(約1万円)で販売しています。

性能については「3Doodler」がABS/PLAの2つの素材しか扱えないのに対して、「3Dsimo」がPLA/ABS/PVA/ナイロンと多くの素材が扱えます。ただ、本体サイズは「3Doodler」の方が小さいです。

ちなみに「3Doodler」はアメリカで「3Dsimo」はチェコの会社です。ここに差が出ているのだとしたらちょっと残念です。

「3Dsimo」は今回、デザインを新たにした事で、サイズも小さくなっているようでしたら、もっと話題に上がってもいいような気がしますが。健闘を祈っています!!

 

公式サイトはこちら
プロジェクトページはこちら