個人向け低価格3Dプリンターのおすすめ5選


今年は日本で購入できる3Dプリンターが本当に増えましたね~。大手メーカーの製品が目立つ一方で多くのベンチャー企業が大手メーカーの3Dプリンターに勝るとも劣らない製品を発表しているのも事実です。

ここで取り上げている5機種は「日本で手軽に購入できる」「低価格であること」を基本として選出してみました。




製品名:PRN3D

メーカー:マイクロファクトリー株式会社

価格:4万9,800円~

素材:PLA、ABS

解像度:0.05 mm

プリント面積:17x17x16cm

特徴:本体サイズは42(L) × 25(W) × 32(H)cm

価格は組み立てが必要なキットで49800円、完成品で69800円と低価格

詳細はこちら

ご購入はこちらから




製品名:Buccaneer

メーカー:Pirate 3D社

価格:5万4,700円

素材:PLA

解像度:0.1 mm

プリント面積:15x10x12cm

特徴:本体サイズが25(L) × 25(W) × 35(H)cmと小柄

無線LAN対応

Windows/Mac、Androidスマートフォン/Androidタブレット/iPhone/iPadから操作が可能

詳細はこちら

ご購入はこちらから




製品名:Portabee GO

メーカー:Romscraj

価格:7万4,800円

素材:PLA

解像度:0.1 mm

プリント面積:12×16.8×13.5cm

特徴:折りたたみ式で持ち運びが可能

折り畳み時 208 mm x 225 mm x 79 mm

本体重量は2.8kg

詳細はこちら

ご購入はこちらから




製品名:BS01(BONSAI Mini)

メーカー:ボンサイラボ株式会社

価格:7万9,800円~

素材:PLA、ABS

解像度:0.1 mm

プリント面積:15x13x10cm

特徴:本体サイズが25(L) × 25(W) × 27(H)cmと小柄で軽量

カラーバリエーションが豊富

詳細はこちら

ご購入はこちらから




製品名:3D PRINTER REPRAP MENDEL Evolution

メーカー:自作3Dプリンター

価格:6万9,800円

方式:熱溶解積層法

素材:ABS / PLA

解像度:0.1-0.2 mm

プリント面積:20x20x18cm

特徴:RepRap.orgプロジェクトで公開されているファームウェアで作られた個人向け3Dプリンター

購入後に微調整が必要

ご購入はこちらから


 

番外編としてS.ラボさんのMOTHMACHも掲載しておきます。こうやって見ると「BS01(BONSAI Mini)」が後継機のように感じますね。

 




製品名:MOTHMACH 3DP222

メーカー:S.ラボ有限会社

価格:11万5,000円

方式:熱溶解積層法

素材:ABS / PLA

解像度:0.1 mm

プリント面積:20x20x20cm

特徴:RepRap.orgプロジェクトで公開されているファームウェアで作られた3Dプリンター

組み立て式ではなく完成品として販売している

国内で販売されている3Dプリンターの中では低価格

ご購入はこちらから


 

まだまだ3Dプリンターブーム到来とは言えないですが、個人向け3Dプリンターの需要は少しづつ高まってきています。来年も多くの3Dプリンターが発表されると思いますが、今後は初心者に向けたサポートや3Dデータの品質向上などが重要になってくるかもしれません。