首都大学東京が高精細3Dプリンターの一般競争入札案件を発表!


先日、大分県が3Dプリンター一式を入札案件として発表しましたが、今回は「公立大学法人 首都大学東京」より高精細3Dプリンターの一般競争入札案件が発表されました。

既にいくつかの大学は3Dプリンターを導入して、教育へとつなげていますが、3Dプリンターという新技術の研究・習得を加速する為に今後は産学官連携も注目されるところですね。

今回の入札案件の主な内容は下記のとおりです。

高精細3Dプリンタ本体:(株)キーエンス製 AGILISTA-3100
造形ソフト AGILISTA-H1-DVD
専用クリーニングキット OP-87435
専用メンテナンス工具 OP-87434
専用100V電源ケーブル OP-87435
モデル材料 AR-M2(2本入り)
サポート材料 AR-S1(2本入り)

 

キーエンス製のAGILISTA-3100とその付属品という感じですね。かなり限定的な品目なので何か意図があるのかもしれません。

 

首都大学東京が高精細3Dプリンターの一般競争入札案件を発表

 

首都大学東京が高精細3Dプリンターの一般競争入札案件を発表

 

来年こそは3Dプリンターが爆発的に普及するか、と期待される中、国とその周りの動きも活発になってきました。

企業としての仕事も今後増えていきそうですし、市場規模も想像以上に拡大するかもしれませんね!

 

首都大学東京が高精細3Dプリンターの一般競争入札案件を発表

公式サイトはこちら