3Dデータを売買できるサイト「Weekend Makers」が正式サービス開始!


以前ご紹介した「Weekend Makers」が正式にサービス開始しました。元々は9月のサービス開始でしたが、開発が遅れに遅れたようでこのタイミングでのサービス開始となりました~(そういえばアドウェイズさんがやられているDELMOもかなり遅れてますね。。)

サービスの内容はティザーサイトにて告知されたとおり、3Dデータの販売・購入、3Dデータの作成、3Dプリンティングサービスの3つになります。

やはり注目としてはrinkakなどが先行している3Dデータの販売・購入というソーシャル性かなと思います。

 

3Dデータを売買できるサイト「Weekend Makers」

 

【データ売買】
自分で作成した CAD や 3DCG のデータを Web 上で販売したり、他のユーザーが作成したデータを購入できるサービス。将来的には世界中のユーザーとデータ(アイデア)の売買ができるよう、サイトのグローバル化の準備も進めています。

 

【データ作成】
3D データは作成できないけれどデザインのアイデアはある、という人でも市場に参加できるよう、イラストや図面などから 3D データを作成するサービス。また 3D スキャンでのデータ作成にも対応します。

 
【製品の製造】
ユーザーの要望(市場・生産数・予算など)に応じて最適な製造方法を検討、3D プリンター、切削加工、射出成形、注型成形などを駆使して製品を製造します。

 

ちなみにまだデータ件数は少ないですが、こんなデータが購入できます!

 

3Dデータを売買できるサイト「Weekend Makers」

3Dデータを売買できるサイト「Weekend Makers」

3Dデータを売買できるサイト「Weekend Makers」

3Dデータを売買できるサイト「Weekend Makers」

公式サイトはこちら