3Dプリントのソーシャルサービス「rinkak(リンカク)」がAPI「rinkak 3D Print Cloud API」を発表!


3Dデータから製造を行ったり、製造したものを販売したりできるソーシャルサービス「rinkak(リンカク)」が開発者向けのAPI「rinkak 3D Print Cloud API」を発表しました。

rinkak 3D Print Cloud API

公式発表された主な特徴は以下のとおりです。

【rinkak 3D Print Cloud APIの主な特徴】

(1) アプリやWEBサービスにすぐに3Dプリント機能を実装可能
3Dプリントに必要な機能をクラウドサービスとして活用することができるため、アプリやWEBサービスに3Dプリント機能をすぐに追加することができます。クラウド利用開始手続きも、rinkakオンライン上ですぐに行えます。

(2) 使える素材バリエーションは全30種類以上
rinkakで扱う素材バリエーションをすべて利用でき、プラスチックはもちろん、陶器や金属、ラバー、石膏、また最大12種類のカラーバリエーションの中から素材を選ぶことができます。

(3) 「rinkak」で使える機能・サービスをそのままに
rinkakが提供するマーケットプレイス機能、3Dプリントサービスをはじめ、自動価格計算機能、自動3Dデータチェック機能、リミックス機能、カート機能、決済・発送サービスなど多様な機能・サービスをそのまま利用することができます。

rinkak(リンカク)にあるコップ

アメリカなどでは既に人気のある3Dプリントのソーシャルサービスですが、日本ではデータ量も少なく、まだまだこれからといった状況です。

是非ともリンカクさんにも頑張ってもらいたいところです!

公式ページはこちら