NECフィールディングが3Dプリンターの販売を開始


NECグループのNECフィールディングが3Dプリンターの販売を開始しました。

取り扱う商品はStratasys「Mojo」(1,659,000円)や3D Systems「CubeX」(522,900円)などで、本体以外にも消耗品も取り扱うとの事です。

3D Systems「CubeX」

Stratasys「Mojo」においては、3年・4年・5年の保守契約をパックにした3D Printer Support Packというオプションもあります。

Stratasys「Mojo」

個人用3Dプリンターの中でも比較的上位モデルを扱い、保守対応を充実させていくようです。

今後、400カ所のサービス拠点、約4,000名のエンジニアにより、機器と消耗品の販売、オンサイト保守などのサービスラインナップ拡充を目指すとのことです。

NECフィールディングは今後3年間で20億円の売上を目標としており、これは日本の3Dプリンター市場の拡大を後押しする形になりそうですね~

ニュースリリースはこちら